さすがのインタビュー

 樹木さん、さすがです。
 映画「あん」の新所沢レッツシネパークでの舞台挨拶でも、観客の写真OKでしたからね。

*樹木希林、観客のスマホ撮影を許す「悪用されても構わない」





[ 2015/06/16 16:00 ] 出演者情報 | TB(-) | CM(0)

河瀬直美監督、樹木希林さん、永瀬正敏さん、3人のインタビュー

 河瀬直美監督、樹木希林さん、永瀬正敏さん、それぞれの単独インタビューもいいけど、3人による座談会みたいなインタビューものもいいねぇ。
 木から湯気が立ち、その木に徳江さんがもたれるシーン。あの印象的なシーンのエピソードがまた、いい話なんだ。
 必読です。

知らないふりをするのが一番の罪かもしれない(シネマトゥデイ)

 この記事の中にあったインタビュー動画なんだけど、てっきり記事と同じ内容を話していると思ったら、全く違っていてビックリした。
 むしろ記事で紹介できなかった部分を動画にまとめたという感じ。
 これも面白いです。
 必見。














[ 2015/06/01 22:02 ] 出演者情報 | TB(-) | CM(0)

樹木希林さんのインタビュー記事 その3

 5月31日に「マイナビニュース」に掲載された樹木希林さんのインタビュー記事、いいなぁ。
 こういうインタビュー記事を読むたびに、また「あん」が観たくなるんだよね(笑)。

[樹木希林]主演映画「あん」語る 小豆の声は聞こえない!?







[ 2015/06/01 21:47 ] 出演者情報 | TB(-) | CM(0)

樹木希林さんのインタビュー記事 その2

 この樹木希林さんのインタビュー記事も深いなぁ。
 樹木さん、どれだけ引き出しがあるんだろう。
 感服です。

リビング横浜東





[ 2015/05/28 13:50 ] 出演者情報 | TB(-) | CM(0)

樹木希林さんのインタビュー動画

 樹木希林さんのインタビューは、どれも中身が違うのに、どれもすごくクオリティーが高くて、面白い。
 お餅のくだりなんか最高!








[ 2015/05/27 20:14 ] 出演者情報 | TB(-) | CM(0)

樹木希林さんのインタビュー記事

 樹木希林さんは以前から知っている役者さんだったけど、「あん」に絡んだインタビューを聞いたり、読んだりするたびに、すごい人だなと思う。
 ドリアン助川さんは樹木さんを思い浮かべて小説を書いたと言うし、「あん」は小説も映画も、樹木さんなくしては成り立たない作品だったんだなぁとつくづく思った。

歩みを止めることを知らない自称・高齢女優、樹木希林(映画.comより)





[ 2015/05/25 11:44 ] 出演者情報 | TB(-) | CM(0)

ドリアン助川さんと浅田美代子さんのインタビュー

 こんな動画があったんだ!
「池袋テレビ」が本日5月22日にアップしたもので、原作者のドリアン助川さんと、「どら春」のオーナーを演じた浅田美代子さんがインタビューに答えている。
 ドリアンさんの話もいいけど、浅田さんの話してくれたエピソードが面白い。これを観てから映画を観ると、「ああ、なるほど」って思えるんじゃないかな。









[ 2015/05/22 16:58 ] 出演者情報 | TB(-) | CM(0)

市原悦子さんが「あさイチ」に出演

 さすが映画「あん」公式facebookページ、情報が早いなぁ。
 明日5月22日(金)午前8時15分からNHKで放送される「あさイチ」の「プレミアムトーク」というコーナーに、市原悦子さんが登場するとのこと。
 これ、事前に質問を募集しているんですね。
 知りませんでした。

 映画「あん」の中で市原さんが演じたのは、樹木希林さん演じる徳江さんの親友・佳子さん。映画後半の重要な役どころだ。
 小説「あん」の中でも重要な役割を果たしている。
 確かカンヌでの「日刊スポーツ」の記事で、樹木さんはこんなことを話していた。


「大量に覚えたところを、ほとんどバサバサ(と切られた)市原さんに至っては『ほとんど、なくなったわ…でも、いいわ』と」


「いいわ」とは言ったものの、本当のところはどうだったんでしょうね?
 その時のことなど、ちょっと聞いてみたいですね。
 どんどん質問メールしてみてください。





[ 2015/05/21 19:01 ] 出演者情報 | TB(-) | CM(0)

樹木希林さんの思い

 昨日5月6日放送のトーク番組「徹子の部屋」、見ましたか?
 ゲストは樹木希林さんでした。いつもの軽妙なトークで、黒柳徹子さんもタジタジとしてしまう場面があったりして楽しかったのですが、この中で樹木さんは映画「あん」についてこう語っています。


「ハンセン病の人と、ちょっと時代に沿えない男の人と、お母さんだけの家庭の女の子と、みんなそれぞれ、それぞれの時代に、それぞれの生き方で、みんな背負っている悲しいものがある。出るに出られない、自由にならない…。
特に『ハンセン病の』『ハンセン病の』と言わないところが、私は好きなの。どの人もどの人も、つらいものを背負っている。そういう意味で、いろんな立場でこの映画が観られたらなと思います」



 この言葉にはハッとさせられました。
 自分でもわかっていたことなんです。
 映画では、小説ほどハンセン病については触れてなく、だからこそいろんな人がそれぞれの人生と照らし合わせて共感を抱く内容になっています。
 映画がヒットして、興味を抱く人が出て来たときにハンセン病について伝えればいい……私もそう思っていたのですが、つい先走ってしまい、このところハンセン病療養施設「全生園」に関連する話にばかりなっていました。
 ちょっと反省ですね。






[ 2015/05/07 12:35 ] 出演者情報 | TB(-) | CM(0)

人としても魅力あふれる永瀬正敏さん

 個展を開催したこともあるほどの写真の腕前を持つ永瀬正敏さん。
 写真もいいけど、この文章がまた……。

 永瀬さんに千太郎を演じてもらって本当によかったと思う。
 永瀬さん、ありがとうございます。

永瀬さんのfacebookページの書き込み





[ 2015/04/19 18:15 ] 出演者情報 | TB(-) | CM(0)