黄色い電車

 おそらく東村山市をはじめとした西武新宿線沿線に住む人が映画「あん」を見たら、きっと西武新宿線の黄色い電車が何度も登場してうれしくなると思う。
 西武新宿線には特急レッドアローもあるし、スマイルトレインや銀色の車体の電車もあるけれど、映画に出てくるのは、私の記憶ではすべて黄色の電車。

久米川駅の踏切

 そこに河瀬直美監督の意図があるのかどうかわからないけど、私はこんなことを思った。
 高倉健さん主演の映画「幸せの黄色いハンカチ」や風水などから、「黄色=幸運」というイメージを持つ人は多いと思う。
 その黄色い電車が登場人物の前や後ろを通り過ぎていく。

空堀川から見える電車

「あん」に出てくる元ハンセン病患者の徳江さんも、どら焼き屋店主の千太郎も、幸せや幸運ということから見放され、取り残された人たちだ。そういう状況を通り過ぎていく黄色い電車は表している気がした。
 そして、普通の幸せや幸運から見放されてもなお、生きる意味があり、幸せを見出すことはできる……という映画のテーマにつながっていくのだと思う。
(※写真は映画の1シーンではなく、私が撮ったモノです。お間違いなく)






関連記事
[ 2015/04/12 22:05 ] 「あん」の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する