検索、楽しい!

 1カ月前の5月1日、私はTwitterで「映画『あん』」と検索しても7割以上、関係ないつぶやきばかりとボヤいたことを覚えているだろうか?
 詳しくは「検索はつらいよ」という記事を読んでみて欲しい。

 でもこの時、私は最後の方にこう書いている。

5月30日に公開されたら、この割合が逆転するんじゃないかと思う。

 まさにこの通りになった。
「映画『あん』」で検索すると、7割どころではない。8割、いや9割近く、映画「あん」のつぶやきだ。
 もう、うれしいったらありゃしない(笑)。
 しかも、映画を観た感想にほとんど批判的なモノがない。
 いくつか紹介すると……。


映画「あん」樹木希林さんがふと母の顔とかぶって涙が止まらなかったです。顔が似てるんです。。秦さんの「水彩の月」はラジオやテレビで聴いてはいたけど、劇場版の「水彩の月」は優しくて、歌詞から映画のシーンが浮かびまた胸が熱くなりました。絶対「あん」劇場で見て欲しいです!


映画「あん」見てきました
月2ペースで映画みてますのん
見てる人がみんなおじさんおばさんで20.30代の人絶対いなかったと思う
でも内容はすごく良くて2回くらい泣いた
樹木希林の演技素晴らしすぎるしほんとよかった!


あん 見てきました (途中地震びっくりしたけど
切なすぎてずっと泣いてた(;_;)
風景が綺麗で、どら焼きも凄く美味しそうで。些細なことが、生きてることが幸せなんだなって、改めて思わせてもらえる映画だった秦さんの歌が凄く沁みました


「あん」(河瀬直美監督)を朝一番で観に行った。117人の小さなスクリーンは満席だった。初めて行く郡部の映画館は独特の空気だった。笑う、手を叩く、大きなため息をつく、泣く…。一緒に見ている人たちの情感が伝わってきた。雰囲気のある映画を正直な反応の客たちと観る、何とも幸せな時だった。


本日公開の河瀬直美監督「あん」観てきました!ぐすっと啜り泣く人が多く、上映後のトイレでは目を赤くした方がメイク直しをしてる。そんな激しくはないが静かに「生きる」ことについて胸に問いかける映画でした。


映画 《あん》泣けたなぁ!やっぱり映画は映画館で観たほうが良いですね!樹木希林さんの素晴らしい演技力!永瀬君も他の出演者も自然の演技で良かった!光や風さえも映像に映す女性監督の繊細さと残酷さが見事だ!人は自由に生きてるはずなのに色々な事に縛られて生きてる!オススメ映画です!


「あん」を見てきた。こんなに自然に泣ける映画は久々。樹木希林さんと河瀬監督の素晴らしい化学反応。出てる役者さんがきっちり役柄を生きている。希林さんはもちろんなんだが水野美樹と浅田美代子が良かったです。


映画『あん』観てきました。
秦さんがキッカケではあったけど、純粋に、この作品に出会えて、本当に良かったです。
ドキュメンタリーのような映像、生活の音、木々のざわめきが印象的でした。
監督が言っていたように、キッカケになる映画だと思います。
久々に鼻水出るほど泣きました。


映画「あん」
監督が図書館で取材をされている時期から楽しみにしていた映画だった。
ハンセン差別の不当性を30年語ってきたが、この1本の映画の力には完敗だ


新所沢の映画館で「あん」を観た。
桜や木々が揺れている映像がとても美しかった。希林さん演じる徳江さんが餡を炊いている姿に自分の母親が重なったり、いつも乗っている黄色い電車が出て来てうれしかった。徳江さんの言葉には泣かされっぱなしだった。大泣きし過ぎて恥ずかしかった。



 これはほんの一部。
 たまたま私は私設宣伝部を勝手に立ち上げて「宣伝部長」を名乗っているけど、こうやって多くの人の感想を目にすると、本当に「あん」に出合って、「応援しよう」と決めてよかったと思う。
 本当にいい映画です。
 自信を持ってすすめます。ぜひ劇場で観てください。






関連記事
[ 2015/05/31 19:16 ] 宣伝部長のつぶやき | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する