菜の花の咲く川原

ホームページの写真

 公式ホームページの内田伽羅さん紹介記事の中に、菜の花の咲く川原を歩いている写真がある。
「これってどこだろう?」と思って、先日、空堀川沿いを歩いてみた。

 写真奥に見える水色の橋げたは、新青梅街道の陸橋だ。その下を西武新宿線が走っている。それをヒントに探してみると、手前の橋が「久米川橋」だとわかった。
 早速、川原に降りると、私は似たような角度から写真を撮ってみた。

同じ場所からの写真

 菜の花の咲いている感じが似ているから、たぶん1年前のこの時期に撮影したのだろう。

対岸の菜の花

 目を対岸に転じると、菜の花が満開。ちょっと天気が悪いから写真はイマイチだけど、青空の下で見たら、菜の花の黄色が目に染みるほど鮮やかに見えることだろう。
 日ごろは全く気にしない風景だけど、「あん」のおかげで気づくことができた。

 河瀬直美監督は、この映画で「見えないものを撮ることに挑戦した」と話しているけど、それはある意味、成功していると思う。
 普段、気づかなくて見えていなかった東村山のキレイな風景に気づかせてくれたのだから。






関連記事
[ 2015/04/23 08:25 ] 「あん」の風景 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する